ポケットWiFiを利用するメリットについて

ポケットWiFiを選ぶメリットは、自宅と外出先を区別しない利便性に加えて、室内の設備とモバイル機器の使い分けが不要になる事が挙げられます。
家庭用の通信回線は、一般的にポケットWiFiよりも高速ですが、各種の通信や電源用ケーブルが入り乱れる光景はあまり好ましくありません。
また、外出用のモバイル機器や端末も用意すれば、家庭の通信契約と併せて二重に費用が発生する事になります。
つまり、通信する目的は一つでも、今までは家庭の固定回線と外出用のモバイル回線、その二つが必要な事が最大の欠点です。

発展が停滞している固定回線に比べて、ポケットWiFiは今まさに伸びている分野で、これからも通信速度が上がる可能性がメリットの一つになります。
一方、現在の現実的な利点としては、料金の安さを筆頭として、家庭用の回線に劣らない通信品質があります。
自宅と外出先で二種類の回線を使い分ければ、ポケットWiFiの倍以上の費用が発生するケースも存在します。
一つの回線を使っている間は、もう一方が使われる機会は殆どないので、通信料金以外の基本料が無駄になると考えられます。

ポケットWiFi特有の特徴は、様々な機器を区別する事なく、いつでも使いたい時に通信出来る事が大きなメリットになります。
通信機器側に必要なのは、WiFi機能の装備と通信速度の速さで、ポケットWiFiなら多くの機器の通信性能を無駄にせずに済みます。
地下では通信が難しくなったり、電波が混雑する場所では通信速度が低下する事もありますが、これはポケットWiFiに限らず通信行うスマートフォンを含めて、全ての無線機器に共通するポイントです。
通信インフラが整っている現在では、ポケットWiFiの欠点よりメリットの方が圧倒的に優れるので、小さな問題は不満に発展しません。

常にポケットWiFiを持ち運ぶ必要性は、一見すると欠点に見えますが、モバイル機器を持ち歩く事が当たり前の現在であれば、機器の小ささによって邪魔になる事はないといえます。
音楽を高音質で聴きたい、ただそれだけの為にアンプを持ち出す人もいるので、自宅と変わらない通信の快適性や利便性を外でも感じたいのであれば、ポケットWiFiを選ぶ事が最良の選択肢になり得ます。
移動してもアクセスポイントを切り替える必要がない点は、通信量を気にしなくても良い利点と共に、他では得られない優れたメリットになるので、真のモバイル実現とWiFiの利便性発揮に繋がります。